Welcome!

ブルーライト対策の効果やいかに

ブルーライト対策の効果やいかに

昨日は眼鏡屋に行って新しいメガネを注文してきました。

とは言っても今回はレンズのみの変更ですので、フレームはそのままです。

今のフレームは色もデザインも好きだし特に何か壊れているわけでもないので、

節約にもなるのでちょうど良かったです。

それでやっぱり変更する理由の一つに少し遠くがブレるというのがありまして、

視力検査も行ったのですがこれが意外な結果になりました。

何でも視力は悪化しておらず、このままのレンズでもいいという結果に。

今思えば当たり前の事かもしれませんが、視力が悪くてメガネで矯正するにしても限度があるし、

やっぱり遠くまでくっきり見ようとするのはちょっとわがままだったかもしれません(笑)

現在視力が良い人は大事にして下さいね。

見えなくなると完全に戻すのはちょっと難しそうなので…。

そして変更の理由のもう一つが常日頃から気にしているブルーライト対策です。

ブルーライトというのはパソコンや携帯のディスプレイから発する光で、

目に対して負担をかけると一般的に言われています。

他にも目に刺激を与える事で眠りにくくしてしまったりと、

現代社会で問題視されている視力の低下の一因にも挙げられています。

私は仕事の都合上一日中パソコンに向かうという事も珍しくなく、

日によっては頭痛などに悩まされる事もあり、

前々からメガネの買い替え時にこうした対策レンズにしようと思っていました。

予約した眼鏡屋にもちゃんと置いてあって注文できましたが、

ここでもちょっと意外な説明がありました。

ブルーライト対策レンズは非常に騒がれているのでつい私は劇的に違うものだと思っていたんですが、

店員さんの説明だと

「完全にカットするわけでは無く割合で言えば10%程度で、

長時間パソコンに向かうなら目薬なども併用した方が良い」との事でした。

試しに対策レンズを覗いて見た感じ、うっすらと茶色がかって見えて、

ほのかに楽になりそうなイメージでした。

実際の効果も考えれば誇大広告が出回っている感はありますが、

正直に説明してくれた店員さんと10%の積み重なりも考えて、

今回はお試しのつもりでも購入してみる事にしました。

今回は視力の調整が無いので割食った感はありましたが、

ブルーライト対策も含めてレンズが上質に変わったし、

今からテストとはいえ完成が楽しみですね。

ホンダエヌワン 値引き

捨てられがちなレシートの意味

今になって後悔しても遅い…とは分かっていても、人間どうしても昔の素行を気にしますよね。

私の場合は素行と表現するにはあまりピンと来ないかもしれませんが、

買い物などの時のレシートについて思う事があります。

最近になって家計簿をつけたりして節約に励んでいますが、

数年前くらいには今よりもきつい仕事をしていてその分見返りもあったのですが、

お金の使い方が大雑把すぎて後にあまり残せていませんでした。

大雑把とはいえ借金などは無いのですが、それでもよくよく考えれば、

今ようやく買えたパソコンなどもあの時には買えていたわけで…と言いたいところですが、

過去の出費は自己嫌悪に陥りそうなのでこの辺にしますね(笑)

さてここで冒頭のレシートについてですが、昔はほとんど見る前に捨てており、

今となっては何でそんな事をしていたのだろう、と思います。

家計簿をつける際にはレシートは必須とも言える存在で、これが無いとそもそも金額が分かりません。

もちろんその日の買い物の内容全てを覚えていられればいいですが、

私も数点ならともかく全部となると自信がありませんし、

無駄に心配性な私は何度も金額との照会をしないと落ち着きません。

そもそも詳しい金額が分からないと何に使ったか分からず家計簿の意味が薄れるのです。

レシートを捨てる人は多く、確かに家計簿をつけないなら邪魔になりがちですが、

レシートを捨てるという事は返品対象にならない事も忘れてはいけません。

レシートに記載されている通り、

不良品があっても買い上げの証拠であるレシートが無いと対応してもらえません。

つまりレシートの破棄は保証の破棄にも繋がっているのです。

こうやって考えると、レシートを捨てる方もレシートの大切さが伝わると思います。

不良品であってもレシートが無いと買い物をしたという事にならないのです。

今ではレシートは割引券代わりになったりと様々な形がありますが、

言ってしまえば領収証とそこまで変わらないのも事実です。

領収証の方が印鑑なども押す為より証拠としては強いですが、

それでもレシートの重みがご理解いただけましたでしょうか?

保証書として取っておく片手間で簡単な家計簿をつけてみるのも悪くないですよ。